物件買い替えの流れ

買替えには「売却先行」と「購入先行」の2通りの方法があり、お客様のご事情や資金内容により、どちらかを選択することになります。
どちらを選ばれる場合にも、資金の手配や引渡しのタイミングなど十分なプランニングが必要となりますので、お客様に最適な買替え方法・プランをご提案し、安心して買替えができるようお手伝いいたします。

売却先行、購入先行のメリット・デメリット

 売却先行の場合購入先行の場合
メリット

  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、購入の資金計画が立てやすくなります。


  • ご購入したい物件が先に決まると、仮住まいなど無駄な費用の発生がなくなり引越しもスムーズです。

  • じっくりと希望条件にあった物件を探すことができます。

デメリット

  • ご購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないことがあります。

  • 先にご売却できても引越しまでに新居が決まっていないと、決まるまでの間仮住まいをしなければなりません。


  • 売却のめどが立たないと、ローンを二重に支払わなければならない場合も想定されます。

買い替えの流れ

※購入物件が決まらない場合や引渡し日があわない場合、仮住まいの準備が必要です。

※ご売却物件の買い手が見つからない場合や引越し日があわない場合、買替えつなぎ融資の手続きが必要となる場合がございます。